ホーム > お知らせ > 中央近代化基金融資「燃料費対策特別融資」公募について

中央近代化基金融資「燃料費対策特別融資」公募について

全日本トラック協会では、軽油等燃料費対策及び環境・省エネに対する重要性に鑑み、①ポスト新長期規制適合車で且つ平成27年度燃費基準を達成した車両の導入及び②自家用燃料供給施設整備に必要な設備資金に対し利子補給を実施します。添付の公募要綱を参照のうえ、鹿児島県県トラック協会までお申し込み下さい。

①今年度から「自家用燃料供給施設整備に必要な設備資金」も融資対象資金となりました。

②県ト協の近代化基金融資で車両を導入予定の会員も利用できます。

③先着順となっていますので、早目の申込みをお願いします。

県ト協では下記の公募期間を設定して先着順で受付し、全日本トラック協会へ推薦します。

但し、全日本トラック協会の公募枠に達した時点で、公募を打ち切ります。

①6月1日~30日  ②7月1日~10日  ③7月11日~20日  ④7月21日~31日

⑤8月1日~15日  ⑥8月16日~31日  ⑦9月1日~29日

◆全日本トラック協会公募期間

平成29年7月3日(月)~9月29日(金)

ただし、公募枠の40億円に達し次第、申込みの受付を締め切ります。(全日本トラック協会への先着順)

◆融資限度額  3千万円(地方協会の限度額とは別枠とする)

その他条件等は、下記をご覧ください。

平成29年度中央近代化基金「燃料費対策特別融資」公募要綱

燃料費対策特別融資申込書

申込み・お問合せ先:鹿児島県トラック協会 経理課

電話:099-261-1167

 

Gマーク制度

引越事業者有料認定制度

助成金制度について

ベストエコドライバー

環境出前講座

物流出前講座

絵画コンクール

トラックの森